有機栽培やオーガニックや無農薬のこと

野菜に関するネーミングでオーガニック、有機栽培という内容をきくと思いますが実は意味はまったく同じで、化学肥料や農薬頼ることなく、有機肥料などを使うことで自然そのままの原理をいかすことで耕作をすることです。

昔の日本は食べ物が安ければいいと安価なことだけに注目されていました。

ですが、海外の果物や野菜の残留農薬や企業の汚行、さらに原発事故などが報道で伝えられたことで、食の安心安全が注目されるようになったことでオーガニック、有機栽培という言葉が世に出回るようになりました。

以前の日本 は無農薬などの基準はなく、農家さんの言ったことがそのまま通用していたので、オーガニックへの姿勢はヨーロッパやアメリカなどのほうがずっと前から浸透していました。

ヨーロッパやアメリカより遅くに無農薬栽培に力を入れた日本では、無農薬栽培のベースも適当で無農薬栽培の表示をスーパーや各店舗が独自の基準で決定していたのがほとんどだったんです。

ということで、無農薬栽培といえど、あまり信用でいるものではなかったのです。ところが有機JASの規格が登場したことで事態は一転。適当なことをすると懲役や罰金などが課せられる法律ができたことにより、しっかりと対応されるようになったんです。今では企業だけの検査ではなく、第三者機関で検査が行われるほど、とても厳しくなりました。

レシピ付きの食材の宅配サービスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です