フランスのおもちゃ、きりんのソフィーのはなし

1961年5月25日、セント・ソフィーの日に誕生したソフィー。

動物のおもちゃといえば、家畜やペットの形をしたおもちゃがありました。

そんな時代に野生動物の形をしたおもちゃにソフィーと名付けられました。

愛くるしいクリクリとした目をしたキリンは 独特な製法で作られ、赤ちゃんの大好きな柔らかさがうけて 人気ものになりました。

フランス人の赤ちゃんに親しまれ ソフィーと一緒に育つと言われくらいのポピュラーなおもちゃです。

ソフィーは色のコントラスが赤ちゃんの釘づけにします。

生まれたばかりの赤ちゃんは、色の見分けは白、黒、グレー しか認識できません。

そのため、ソフィーの白い体と 体に描かれた茶色の模様や、黒くてクリクリとした丸い目が 赤ちゃんの目に見やすく、視覚を発達させるのに役立ちます。

赤ちゃんが大好きな音のキューキューと音が鳴るのが赤ちゃんには とてもたまらない魅力です。

触ることによって、音が出ると認識します。

聴覚を鍛えるのはもちろんの事、 「おもちゃを触ると音がする」と原因と結果を学ぶこともできます。

マレーシアのゴムが世界で一番品質が良いといわれている 100%天然ゴム製で作られています。

ペイントは食用の塗料を使っているので、安心して赤ちゃんが口にしても 大丈夫です。

こういった出産祝いこそもらえば嬉しかったと思うでしょうねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です