つくりおきおかず!がんばるぞ!

私は数週間前から、休日に平日のおかずの作り置きをするようになりました。

今はつくりおきおかずの本がたっくさん発売されているので、このために何冊か購入しました。

というわけで、休日のおかず作りは正直なところとても大変なのですが、その分平日の食事の支度がかなり楽になったんです。

以前は毎日毎日メニューを考えていましたし、時間の無い中で簡単にできる食事ばかりを作っていました。

しかし、今ではあらかじめおかずを作っておくので、栄養バランスのしっかりと取れたそれなりにきちんとした食事ができるようになったと思います。

自己満足かもしれませんが。

その分、休日は作り置きのおかずの残りを食べたり、手抜きでお惣菜を買ってきたものを出したりして自分自身の身体を調整しています。

食事作りもずっと頑張り続けていると、ストレスが溜まって疲れてきてしまいます。家事は食事の用意だけではありませんものね。

そのため、毎日食事を作っていると、どうしても手抜きだらけになってしまい、栄養の面で不足しがちになってしまうのがわたしの悪いところでした。

でも今後も今のやり方でつくりおきおかずを続けていこうと思っています。考えてくれた人!ありがとう!!

つくりおきが面倒な人におすすめなのはこちら↓

料理キット宅配比較! 主婦が自腹で徹底調査!!

日本は衛生面優れていると思う

日本人は他の国々の人たちと比べて、食品や身近な衣類、寝具などの『衛生』に関しては特に気にかけている国だといえます。

例えばドラッグストアやスーパーにも、食器に吹きかける除菌スプレーが販売されていたり、寝具や衣類にも吹きかける除菌・消臭スプレーが売れていたりと、とても身ぎれいな人が多いのが日本人の特徴です。

実際、除菌に関しては目に見えないものであるのに、その菌を嫌がって綺麗で居るために除去する。そしてその為にお金を使うのも衛生面を気にする日本人らしい特徴かと思います。

しかし、菌を避ける清潔さを極めてしまうと逆に『菌に弱い人間』になってしまうのである程度は菌を受け入れてほどよい衛生状況を保つのも本来の人間らしい菌への抗体を持った『強い人間』で居られるのではないかと思います。

なので、除菌・衛生はほどよく自分の体を守ることに繋がる程度で行っていくのがベストなのかと思います。

とは言え、やっぱり日本にいると気になってしまうもの。

そこであまり神経質にならない程度に除菌スプレーだけは欠かさずに使っています。

なんだかんだ言ってもやっぱり私も日本人であることには間違いないようです。

除菌スプレーにも色々ありますが、人気の除菌スプレーなら安心だと思います

有機栽培やオーガニックや無農薬のこと

野菜に関するネーミングでオーガニック、有機栽培という内容をきくと思いますが実は意味はまったく同じで、化学肥料や農薬頼ることなく、有機肥料などを使うことで自然そのままの原理をいかすことで耕作をすることです。

昔の日本は食べ物が安ければいいと安価なことだけに注目されていました。

ですが、海外の果物や野菜の残留農薬や企業の汚行、さらに原発事故などが報道で伝えられたことで、食の安心安全が注目されるようになったことでオーガニック、有機栽培という言葉が世に出回るようになりました。

以前の日本 は無農薬などの基準はなく、農家さんの言ったことがそのまま通用していたので、オーガニックへの姿勢はヨーロッパやアメリカなどのほうがずっと前から浸透していました。

ヨーロッパやアメリカより遅くに無農薬栽培に力を入れた日本では、無農薬栽培のベースも適当で無農薬栽培の表示をスーパーや各店舗が独自の基準で決定していたのがほとんどだったんです。

ということで、無農薬栽培といえど、あまり信用でいるものではなかったのです。ところが有機JASの規格が登場したことで事態は一転。適当なことをすると懲役や罰金などが課せられる法律ができたことにより、しっかりと対応されるようになったんです。今では企業だけの検査ではなく、第三者機関で検査が行われるほど、とても厳しくなりました。

レシピ付きの食材の宅配サービスはこちら